遅延損害金

借入れをして返済期を過ぎるとペナルティとして
通常の返済金利より高い金利を払わなくてはいけません。
返済日を過ぎてから滞っていた日数に対し遅延損害金が発生します。
通常、約低金利の**倍の遅延損害金を支払うと、契約時に約定していると思いますが
その上限は元本に対して利率1.46倍を超えてはならないと、
法律で賠償額の予定の上限額が定められています。
・10万円未満は年29.2%
・10万円以上100万円未満は年26.28%
・100万円以上は年21.9%
これを超える超過部分は無効になります。
遅延損害金の約定を契約で定められていない場合は
通常の利率での遅延損害金となります。
【借入残高】×【遅延損害金利率】÷365×【返済日以降の遅延日数 】で
遅延損害金を計算する事が出来ます。

勿論、返済期日を過ぎたペナルティの遅延損害金なので
通常の返済金とは別に払う必要があります。
借入残高が高ければ高いほど、
遅延日数が長ければ長いほど
遅延損害金は多くなります、 1日でも早く返済した方が返済額を減らす事が出来ます。

延滞金が続くと借入先の信用度が低下してしまいます。
どうしても遅れそうな時は連絡を入れておく、利息分だけ払うなどしておくと
信用低下を防げるかもしれません。
消費者金融のキャッシング業者などでは
比較的柔軟に支払日の対応をしてくれる所もあります。
しかしこれも、信用があっての対応になりますから
以前に返済が滞っていたり、対応して貰えない事があります。
信用が低下してしまうと、次の借り入れの審査通りにくかったり
延滞金情報の記録が信用情報機関にも残っている場合、
他の金融機関でも信用度が下がってしまいます。




Copyright(C)2013 利息制限法 All right reserved.