おまとめローンの注意点

おまとめローンや借り換えローンなど、名称は金融機関によって違いますが
複数の金融機関からの借り入れを金利の低いローンに一本化することが出来ます。
金利が低くなった分、月々の返済負担や返済総額負担を減らす事が出来ます。
借入れが複数あると返済期日や返済のための預金残高など
毎月の管理が複雑になってしまいます。

一定のリボ払いで引き落としを利用している人も増えてきていますが
リボ払いは利用期間が延びれば延びるほど、金利額が割高になってしまいます。
複数の金融機関から借り入れを行っていると
借入期間やその分の金利など、効率の良い返済計画を立てにくくなってしまいます。
おまとめローンで借入れを一本化して置けば負担の軽減以外にも
返済計画を改めて見直すことが出来ます。

返済計画

便利なおまとめローンですが、
利用する際に気を付けておかなければならない事もあります。
ローン金利は利息制限法が適応され借入額に応じて上限が定められており、
これを上回る金利は無効とされます。
利息制限法が改正される以前のグレーゾンと呼ばれる
高い金利でローンを組んでいた場合、 過払い分の金利が発生します。
過払い分の返還の再計算を行えば、債務の一部は返済する必要が無い場合があります。
再計算をしないままでおまとめローンを組んでしまうと
本来相殺されるはずの過払い分も含めた総額で
新たなおまとめローンを組むことになります
ので注意が必要です。

金利が安いローンに一本化すれば、月々の返済負担は減りますが借入総額は同じです。
ローンの本数が減ったことにより、借入時の審査が有利になると言うことで
別の業者から新たにローンを組んでしまう人もいますがそれでは意味がありません。
再借入をしてしまうおそれのある人は、
それまで借入をしてきた業者との契約を解除しておいた方が良いでしょう。




Copyright(C)2013 利息制限法 All right reserved.