利息制限法

利息制限法の改正により、
超過部分を任意に支払つたときは
その返済を請求する事が出来ないとなっていた項目が削除されました。
元本が10万円未満の場合→年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合→年18%
元本が100万円以上の場合→年15%
これを超える利息は超過部分として返済請求を行えます。

改定前には「利息制限法」 ともう一つ「出資法」と言う法律で
それぞれに利息上限が定められており、出資法では範囲内の利息でも
利息制限法では上限を超えている場合が生まれました
これがグレーゾーンと呼ばれるものです。
出資法の上限は利率が年29.9%とされており、これを超えると
刑事処罰が課せられますが、利息制限法には特に罰則が設けられていない為
レーゾーン金利を利用した貸金業務が行われていました。

利息制限法に罰則が無く出資法には厳しい刑事罰がるという
二つの法律のできた背景には、お金を借りるという事で
立場的に弱者にたつ状態につけこんだ
異常な金利や、それにまつわる過酷な取り立ての犯罪が多発した事にあります。
事件やトラブルになってしまう事を避ける為
利息制限法は借り手を保護する目的で作られたため、
刑事罰を科せられる条件が付いていません。
一方、出資法は貸金業の違法な高金利を取り締まる為に作られた法律なので、
悪質な違法者には、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の刑事罰が課せられます。

法務省の画像




Copyright(C)2013 利息制限法 All right reserved.